正月気分のままの父親

朝何気なく起床したところ、いつものように2度寝をしていた父親が食べたものを聞いて驚きました。年をとると、食欲が昔よりなくなると聞きますが、うちの父親はどうやら違うようです。

朝からチューハイを数本飲んだ後、小豆と砂糖を煮詰めた甘いものを鍋で温め、その中に焼いた餅を3個入れて煮たものを食していたと母親から聞きました。

そのカロリーを聞いてびっくり、1000キロ以上+餅3個のカロリーとのこと。また再度布団の中へ入っていると。その後、昼前に起きてミカンを2個食し、昼食を食べ散歩。

散歩といってもそんなに運動量は、ありません。帰宅後は、またまた布団へ。夕方起床し、ミカンを2個と焼き芋1本を食し、テレビを見ていました。

流石に夕食にラーメンを要求したのには、母親があきれていました。ただしラーメンは流石に却下されていました。それだけ食して眠れるって…何か羨ましく思い、まだ正月だったかな?と思ったのと、摂取カロリーが気になった1日でした。ととのうみすとのレビュー